Cordial /Jens H.Quistgaard / C&S

501-210

Cordial /Jens H.Quistgaard / C&S  (501-210)

販売価格(税別)
¥0
在庫状態 : 売り切れ

1960年代から70年代にデザインされた
Cordial(コーディアル)シリーズの大変珍しいピンクのカップとソーサーのご紹介です。

デザイナーはDANSK社を立ち上げたことでも知られる
デンマークの Jens H. Quistgaard(イェンス・クイストゴー)です。
こちらは、1984~87年にデザインされたcordialのカラーバージョンのPALETシリーズです。
PALETシリーズは、白、黒、パープル、ターコイズ、ピンクがあります。

また、パレットシリーズは4年間の製造期間のため希少なシリーズとなっております。

1960年代にKronjyden(クロニーデン)から製作が始まり、
Nissen社、Bing&Grondahl社と経営譲渡されています。

こちらのお品のバックスタンプは、
Bing&Grondahl社(ビング・オー・グレンダール)となります。

コーディアルは「まごころ」を意味し、
ハートのモチーフをエンボス加工したシリーズ。
ハートが連なるように見えるモチーフは幾何学的ながら温かみがあり、とても素敵です。

cup高さ: 6.0 cm
cup直径: 8.0 cm
Saucer 直径: 14.0 cm

生産 1984年-1987年
こちらの商品は、19784-87 年のヴィンテージ品です。
カップは、キズ等なく貫入が入っていない艶感のある大変美しいコンディションです。
ソーサーに全体的に貫入が入っています(貫入については下記をご覧ください)
一カ所表側と裏側に長い貫入が入っております(矢印を参照してください)
貫入はヒビではありませんのでそれが原因で割れることはございません。
光にかざすとソーサーに何カ所か擦れがございます(写真矢印とソーサーの写真を参照してください)

【ヴィンテージ品について】
ヴィンテージ品は、北欧の家庭で実際に使用されていたものがほとんどです。
製造年代も古いものがありますので、写真だけでは分かりにくい点があるものもあると思いますので、
不安な方はお問い合わせください。

【貫入について】
焼成時に陶土と釉薬の収縮率の違いにより生ずる表面のヒビ状の模様のことです。
これは陶器自体のヒビではありませんのでここから割れたりすることはありません。
和陶器などではデザインのひとつとして用いられることもあります。
ヴィンテージならではの歴史の長さや同じものがないと考えると大切に育てるような
楽しみ方のひとつです。

 

売り切れ

We also recommend